×

CATEGORY

お買い上げ金額が
1万円以上の方は送料無料
送料無料

CATEGORY

CONTENTS

<弓矢さんのブログ>
弓矢さんの日常と看板犬マービーのブログです。見てね!
>>ブログはこちら

HOME»  弓の種類と選び方

弓の種類と選び方

弓の材質

昔ながらの 竹弓、グラスファイバー弓、カーボンファイバー弓などがあります。

竹弓は弓道としての品格に優れ、使ううちに味が出てきますが、手入れなどが必要で怠ると変形や破損がおこることもあるため、上級者や本物志向の方に向いています。
グラス弓・カーボン弓は、耐久性があり変形や破損が少なく、初心者にも扱いやすくなっています。グラス弓は価格もお手頃になっています。
カーボン弓はグラス弓よりは価格が少し高めですが的中に優れ、離れの反動も少ないです。学生さんから上級者の方まで幅広くお使い頂いています。

種類 対象者
竹弓 上級者、5段以上、社会人 本物志向の方
カーボン弓 学生、中級者、上級者 的中向上を目指す方
グラス弓 初心者、学生 価格をおさえたい方

弓の長さ

弓の長さは、 並寸伸寸(2寸伸)があります。他に4寸伸や3寸詰りなどもあります。
体格によって使い分けるのが一般的です。
矢束(実際に引き込む矢の長さ)が90cm以上だと伸弓を選択するのがおよその目安です。
ただし、グラス・カーボン弓を使用する場合、多少矢束が長くても、並弓でも良いです。

長さの目安
  身長 矢速
並寸(221cm) およそ170cm以下 およそ90cm以下
伸寸(227cm) およそ170cm以上 およそ90cm以上

弓の強さ

(弓の強さの表示)
一般的に並寸では85㎝引いた弓の強さを表示し、伸寸は90㎝引いた弓の強さを表示してあります。
「基本の弓道」より
自分の体力に合った弓を使うことが大切です。
同じ強さの弓二張の肩入れ(右指4本をかけて耳の後ろまで引き込むこと)ができる力の限度の二分の一が適当な強さだと言われています。
たとえば15キロの弓二張(=30キロ)を引いてこれ以上引けないとなると、その半分の15キロが相当だということです。

弓矢さんからの★ワンポイントアドバイス

弓の強さは「強い・弱い」と表現し、「重い・軽い」とは言わないようにしましょう。

弓の銘柄

グラス弓 直心、肥後蘇山、楓、橘、ミヤタ
カーボン弓 直心Ⅰ・直心Ⅱ・直心Ⅲ、肥後蘇山、橘、粋、凛、真萃

弓矢さんからの★ワンポイントアドバイス

どれもいい弓ですが、それぞれ特徴があります。使う方のタイプにより、自分にあった弓を選ぶ参考にしてください。
このワンポイントアドバイスは、あくまでもアドバイスですので、感じ方には個人差が出ますのでご了承ください。

弓の定番 一番人気 直心

弓の定番 一番人気
直心

全国で一番使われている弓です。
対象者は初心者から上級者まですべての方にお使い頂けます。
グラス・カーボンⅠ~Ⅲまでバリエーションが豊富で、いろいろ選べます。
ただし、離れの反動が少し強いようですので、手の内の弱い方は注意が必要です。

本物志向 肥後蘇山

本物志向
肥後蘇山

竹弓に近い本物志向の弓です。
弓の型はしっかりした入木と強い胴が特徴です。
対象者は中級者以上になります。ただし、手の内の未熟な方にはお勧めできません。

低反発 粋

低反発

この弓は離れの反動が少ないのが特徴です。
対象者はすべての方にお使い頂けます。特に手の内の弱い方にお勧めです。
ただし、地域によってはネームバリューが弱いところがあります。

低価格 楓

低価格

お値段の安い弓です。
対象者は初心者の方です。ただし、並寸のみで伸寸はありません。
弓の強さは15K以下になります。

お手頃価格 橘

お手頃価格

お値段はお手頃です。
離れの反動の少ないタイプです。
対象者は、初心者から中級者です。
ネームバリューが弱いところがあります。

伝統を重視!優しい弓 ミヤタ

伝統を重視!優しい弓
ミヤタ

伝統を重視し良いものを作ろうという姿勢を持ち続け、
高い品質・性能を目指して作られた弓です。
離れの反動が少なく、弓自体が軽い!
初心者、中級者の方にお勧めです。